fc2ブログ

明後日の方向へ

とある宮廷料理長を目指す女性の記録

最新のDOL+1データ

最新のDOL+1データ

現在の最新DOL+1データはコチラです
・OneDrive版「23/07/03版 DOL+1データ
・GoogleDrive版「23/07/03版 DOL+1データ

・前回からの変更点
2023/07/03 追加内容
耆英、グレートミカエル、ネヴァ、アルゴ船をシミュレーターに追加したよ。
後、アルゴ船体(正式名称忘れた)も追加したよ。
本当は7月1日、2日で作ってたんだけど、公開するのをスッカリ忘れてたのは内緒だよ。

2020/04/07 追加内容
大航海時代Online 冒険の種」のティアさんが
副官情報や、新しい町(ガボン、イニャンバネ、マンガロール)の追加をしてくれたので
上手くマージしましたー。
情報をくれたWittyさん、データの更新作業をして頂いたティアさん、ありがとうございます。

不便さで

やっぱり造船亡命をしたくなってきたので
2ndキャラの造船っ子の海事名声上げをおもむろに始める
目標は海事名声を250000くらいをかなー
最初は兵器技術も兼ねてバンダ海のルン付近で
大人気の「テルナーテ武装商船隊」とたわむれようとしましたが
バンダ海ってジャカルタの海域戦闘対象外というワナ

そんな訳じゃないですが、まだインドあたりでウロウロしています
ジべ系が本当に多めなのでサクサクは狩れるんですが
やっぱし稼ぎが大分落ちる訳でして
うーん、海域戦闘での経験値、名声が一番の目当てとはいえ
普通の戦闘で稼げないのは美味しくないなあ
はてさて、どうしましょうかね

ちなみに2ndの造船っ子の状態はこんな感じ
ラドネイちゃん
戦艦はこんなの
さくせんようじゅうガレー
ガレアスまで粘れると信じて作戦用重ガレーという荒行
しかもそんな作戦用重ガレーは砲戦にも対応可能という
どうせ海事Lv30~50くらいで上げるとなると
ジべ系メインで行けると思い切って
特に装甲、耐波とかを無視してみた
なお兵員より側砲を重視した理由は
ジべのお供にちょこちょこいるガレー船を速攻で沈めるためです
割と火力だけはあるのでサクサク狩れます
あまりオススメはしないけど

んで、仕事をサボタージュして船員数の多いガレー船を調査したら
何か上位5つの中に海事Lv49で乗れちゃう安宅船がランクインしてるという
将官用ラと同じ数値で無改造状態だと180人名倉を積めるそうなのですが
やっぱり縦、横共に帆数値がかなり低いのは
機動力的にどんなもんなんだろうなあ
分からないなら作ればいいんでしょうけど
東アジア櫂船船体って気軽に手に入れられる訳もなく

そんな訳で微妙で豪華に造船シミュレータで作ってみた結果がこちら
安宅さん
こんな感じ
海事Lvが59あれば★7までイケるはずなので
ここから縦横の帆と強化ロープ×2、加工鉄材×2入れれば
そこそこの装甲と耐久も手に入るかと思ってる
んで、問題はリビルドの方なんだよね
戦闘艦の★3にするのは既定路線なんですが
2回のボーナスに何を使うかで迷っています
・白兵艦改装
・スキル継承(水密隔壁)
・船室強化
・側砲スロット+1
選択肢はここらへんかな
一応、上の方が重要かなとは思ってる
白兵艦改装は撤退率下がるとか、白兵での敵船員被害が増えるそうなので
一番要るかなー、とか思ったので最上位に
水密隔壁は予算的な問題で2番目
船室強化で名倉300人にして意味があるのか分かってない
側砲スロット+1はまあ砲撃も多少使えた方がいいか、くらいなので
あんましいコイツにはいらないとは思ってる
さあて、どうしたもんだろうかなあ?
  1. 2016/01/23(土) 16:13:21|
  2. 造船
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

Sheema

Author:Sheema
Eos鯖在住、アムス商館セレネ商会長

(1) 「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」または、「(C)2005-2013 コーエーテクモゲームス All rights reserved.」
(2) 「このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑文 (149)
南蛮貿易 (6)
造船 (40)
調理 (18)
ペット (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR